障がい者住宅で土地活用

障がい者グループホームとは

障がいのある方が、地域の中で、家庭的な雰囲気のもと、共同生活をおこなう住まいの場

単身での生活には不安があり、サポートを受けながら地域での生活をしたい18歳以上の方(学校卒業及び、施設退所者)

共同生活による規則正しい生活を通して、生活の自立を学ぶ。

ホームでは世話人や支援員と呼ばれるスタッフが生活サポートを行う

日中は生活介護や就労施設等で外出する。

一日の報酬単価は、2,590円〜6,680円(区分1〜6)

入居者1人あたりの運営事業者のサポート収入/日

事業スキーム(一括借り上げ)

 

※福祉事業者とは、軽度障がい者グループホームの入居者に対して、生活支援サービスを提供することで対価(保険収入)を得る法人のこと。社会福祉法人/株式会社/NPO法人/一般社団法人 等

障がい者住宅を活用する4つのメリット

障がい者住宅供給率

供給率20%が、需要と供給のバランスが合う。つまり、まだまだ不足してる状態。
知的・精神障がい者が増加し続けているので、これからのニーズの高さも考えられる。

アパート・マンションを経営面で比較すると

障がい者施設による活用では建物内部の費用は運営事業者が負担する、同じ利回りでもアパ・マンに比べてキャッシュフローが非常に良いです。(=実質利回りが高い)

電話をかける